脱サラをして沖縄に行くためにダイビングショップを見学する

サラリーマンをやめてからというもの、あまり充実した生活を送ることはできませんでした。

仕事をやめていると何事にも気力が持てなくなってしまうのはいうまでもありません。

ただ、私は自分をの正しい進むべき道を行かなければならないのではないでしょうか。

沖縄にはそれなりのよさがありますが、実際に実行に移すとなればさまざまな困難が待ち受けています。

幸いにも退職金がたくさんあるので当面の心配はありません。

ふらりと色々なところを旅するのもいいのですが、どうせなら憧れの地に行った方が自分のためにもなります。

そういえばいかしたダイビングショップをインターネットで発見したので、沖縄に行く前にちょっと覗いていくのもいいのかもしれません。

結構ほしいダイビングのグッズはあるのですが、どれを選んでいいのかはわかりません。

なんとしてでも夢を果たすためにはいいことも悪いことも受け入れていく必要があります。

できるだけ早急にサラリーマンを脱出して、いい夢を見ることができるのなら、私は沖縄へと行くでしょう。

しばらくは沖縄の空気を吸いつつ、のんびりと考えてみようと思います。

沖縄の空を見ることができれば、人生もどう転がるかはわかりません。

人間は魚になることはできませんが、魚のように泳ぐことならできるでしょう。

現代の技術を駆使することができればわりかし容易いのです。

ダイビングは私にとって人生を変えてくれた素晴らしいものであることに変わりはありませんでした。

沖縄ダイビング第一のお勧めが北谷の砂辺

首都圏に住む小生は、ダイビングは主に伊豆半島の西伊豆方面で楽しんでおりましたが、弟が沖縄へ一時転勤になってからは、度々、沖縄を訪れるようになり沖縄の海を楽しむようになりました。

そして、さすがに沖縄の海をダイビングするようになってからは、其の素晴らしさに魅入ってしまいました。

沖縄ダイビングで最初に潜ったところは那覇にも近い「北谷の砂辺」というところでした。

北谷の町の中心から直ぐのところに宮城海岸というところがあり、此処が所謂、ダイビングポイントの砂辺というところになります。

砂辺の海を潜ると直ぐに目に付くのが「ソフトコーラル」というサンゴの仲間です。 ソフトコーラルというのは余り耳にしないことばでしょうが、直訳すると柔らかいサンゴという意味なんだそうです。

サンゴは普通は硬いものですが此方は骨格というか、骨格を持たないサンゴとも言われているのです。 そして、砂辺のビーチには沖縄本島でも有名なソフトコーラルの群生地であり、一見すると海中のお花畑のようなところなのです。 このソフトコーラルのところに色あざやかな魚の群れが泳いでいるのです。

北谷町はこれ等のダイビングの他にも色々な遊びの場所もあり、お楽しみ一杯のところでもあります。 また、海辺には立派なホテルもあって、ホテルの直ぐ横には沖縄特有の青い海が広がっていますし、沖縄の豊かな自然が実感できます。

勿論、ホテルを中心として他の沖縄ダイビングスポットにも、希望に沿って行けるし、たぶん車も迎えに来てくれるサービスもあるようです。

沖縄にあるお気に入りのダイビングショップについて

沖縄にずっと行きたいと考えていたのは、ダイビングができるからです。

今まで色々なダイビングショップにかよってきましたが、やっぱり沖縄の本場に叶うものはありませんでした。

沖縄ダイビングをするとなるとまとまった予定が必要ですが、なかなかそういった日は取れないんですよね。

働いていればそうではないかもしれませんが、それは企業によっても違います。

わりかしクリエイティブな職業についているのならまとまった休みを取れたり、むしろ推奨しているケースもあります。

私は自営業なので休み放題といえばそうですが、ダイビングは結構やりたいタイプなんです。

ずっとダイビングがやりたかったんですが、仕事が軌道に乗っていたのであまり休みは取ることができませんでした。

しょっちゅうダイビングをする夢を見ることもあるので、よほどやりたかったのかもしれません。

私にとってダイビングをすることは自然にかえることに等しいので、やっぱり定期的に泳ぐことも必要でしょう。

リラックスした状態になることができるので、本当に私はダイビングが大好きなんです。

人に誇れるような仕事をしているわけではありませんが、息子にはいずれダイビングの素晴らしさをわからせてあげたいと考えています。

こんなに私が熱中するのだから、家族にも理解をしてもらえるなら一番です。

私の奥さんも実はダイビング関係で知り合って恋に落ちて結婚をしました。

お互いに趣味が一致しているので、本当に円満な関係を続けています。

沖縄ダイビングのメリットや楽しみ方

沖縄ダイビングのメリットといえば、日本でも有数の温暖な地域なので、一年を通じてコンスタントにダイビングを満喫出来る点です。

本州であれば冬場など、寒い時期になるとダイビングが出来ませんが、沖縄なら一年間常に気候が温暖ですし、冬場であってもマントを観察出来たり、ホエールウォッチングを楽しめたりもします。

サンゴ礁など沖縄ならではの美しい自然や、鮮やかな魚の蒸れや珍しい海洋生物など、個性的な動物や神秘的な自然と出会える点も沖縄ダイビングの良さと言えるでしょう。

海外でのダイビングに憧れる人は多いですが、インストラクターと言葉が通じない弊害があったり、ライセンスを持ってないと潜れなかったり、機材のレンタルに対応しきれないケースがあったりするので、ダイビングに慣れていない人にとっては結構ハードルが高いものです。

しかし、沖縄ダイビングならダイビングが全く初めての未経験な人であっても、非常に手厚い指導を受けることが出来たり、ダイビングするために必要な道具や水中カメラなども全てレンタルをしてもらえるダイビングショップも多いです。

長時間飛行機に乗って移動する負担もかからないので、体力的にも時間的にも本当に負担がかからないですし、最近は数万円程度で手頃に参加できるツアーも増えており、学生さんからも沖縄ダイビングは大人気です。

私は沖縄ダイビングをして、海の中の世界の綺麗さや素晴らしさを知り、虜になりました。

ダイビングする時間自体は30分程度であるツアーが多いですし、一日ではなく最近は半日でごく気軽にダイビングを楽しめるコースもあるので、沖縄旅行するならぜひダイビングを体験してみるとおすすめです。

ダイビングの経験者がいないそんな時は

沖縄へと旅行に、特に暖かい季節にやってきたならば、まずはなんといっても海で泳ぎたいと思うはずです。しかし、泳ぐだけなら極端な話、本州でも可能です。せっかく沖縄へとやってきたのであれば、綺麗な海の中にダイビングして雄大な海を楽しむべきでしょう。

とは言え、ダイビングは誰でも彼でもできるものではありません。それなりの技術と準備が必要になりますので、楽しむためにはやはり、ダイビングの経験者が仲間うちにいることが必須となるでしょう。ところが、ダイビングを趣味にしている人は当然ながら少数派ですので、仲間うちに必ずそのような人がいるとは限りません。

ではそんな時にどうしたらいいのかと言えば、そう難しい話ではありません。プロの手を借りればいいのです。

沖縄にはたくさんのダイビングショップが存在しています。ダイビングショップとは端的に言えば、その道のプロがインストラクターを行なっている、民間向けのダイビングスクールみたいなものです。

いきなり訪ねて「指導してください」と頼んでも引き受けてはもらえないかもしれませんが、事前に予約を入れて依頼しておけばこちらの都合に合わせてダイビングの指導を行なってくれます。

また、ダイビングショップにはライセンスの取得を支援してくれるコースがあったりしますので、ダイビングを本格的な趣味にしたい方はそういったコースを受講してみるのもオススメです。

沖縄には本当にたくさんのダイビングショップがありますので、まずは気軽に申し込むところから始めてみてはいかがでしょうか。