沖縄の恩納村でのダイビングライセンス取得の魅力とは

沖縄県の那覇空港から車で約1時間の場所にある恩納村には青の洞窟と呼ばれている神秘的なダイビングスポットがあります。
青の洞窟は、佐多岬にある洞窟で、洞窟の入り口から差し込む太陽の光が水中で反射をし、鮮やかな青色を作りだすなどの神秘的な人気スポットでもあるのです。スキューバダイビングはダイビングライセンスを取得しなければ、酸素ボンベのレンタルなどを利用する事が出来ません。

また、ダイビングは水中と言う特殊な環境の中で楽しむマリンスポーツでもあり、潜水学をマスターする、ダイビング技術を取得する事が安全な状態でダイビングを楽しむ秘訣にも繋がるのです。

青の洞窟は沖縄本島の中でも人気が高いダイビングスポットでもあり、沖縄県にあるダイビングショップの大半が恩納村の青の洞窟ツアーを企画しているほどの人気ぶりです。

ダイビングライセンスを取得している人であれば、ダイビングショップが企画を行う青の洞窟へのダイビングツアーの参加資格を得る事が出来ますし、ダイビングライセンスは日本だけではなく海外でも通用するライセンス資格になるため、オーストラリアの海でダイビングを楽しむ時にもライセンスは有効なものとなります。

尚、恩納村などのエリアにあるダイビングショップの大半がダイビングライセンスの講習を開催しているので、沖縄県でダイビングラインセンスを取得したい人などは恩納村のショップの講習を受ければ、青の洞窟でのライビングツアーに参加する資格を得る事も出来ます。

恩納村ダイビングはこちらをご覧ください。

沖縄でダイビングライセンスをとるならPADIの資格がとれるスクールへ

沖縄は日本でももっともマリンスポーツが盛んな地域です。年間を通して温暖な気候ということもあり、サーファーやダイバーにとって、憧れのスポットとなっています。

そして安全かつ快適に楽しむのであれば、資格の取得は欠かせません。とくにダイビングライセンスは、たとえレジャー目的であっても、とることが義務付けられています。

水中は陸上とは違い、自由に呼吸することも歩くこともできません。そのような環境下においても冷静に行動できるよう、知識と技能を身につけることは当然です。ただ、長い講習期間や厳しい試験が待ち受けているようなものではなく、初級であれば簡単に取得できます。

中でも、PADIという教育機関のライセンスであれば、世界中で通用する一枚となり、たいへん有用です。

この期間は世界シェアの7割を誇っており、多くの専門家と共に作られたカリキュラムを受けることができます。沖縄のスクールでも講習が実施されており、世界的なダイビングライセンスを誰でも取得可能です。

PADIのライセンスは、失効するようなこともなく、生涯にわたる資格として活用できます。沖縄のマリンリゾートを楽しみながら講習を受けて、世界的なダイビングライセンスを獲得していきましょう。