雑談

スーパーの専業売り場で。。。

先日の事、大阪では誰もが知っている安売りスーパーで(そうあのパチンコ店みたいな外観の)

買い物していた時の事・・・。

鮮魚売り場を通った時に何やら立ち止まって話をしている奥様がお二人居られまして

何気に視線の先を見てびっくりしました。

え?ちょっ!?

クリオネって!!

まさか食べないですよね!

はぁ、「観賞用」って書いてある。

良く見るとジャムのビンに一匹ずつクリオネが入ってました。

何とか生きていましたが全然元気が無い感じ。。。

ポップには「毎日蓋を開けて空気を入れ替えて下さい」とは書いてありましたが

給餌に関しては何も書いていません。

どうやら「鑑賞」だけが目的で「飼育」はしないと言うスタンスです。

これは酷い。

瓶詰めでクリオネを売っている事も論外ですが

餌も与えず(与えても食べないかも知れませんが)

毎日弱っていくクリオネが死ぬまで鑑賞する・・・誰がこんなもの企画したのでしょうか!?

そもそもこんな物誰も買わないと思うのですが。。。

ペットは確か然るべき資格が無ければ扱えないと思いましたが「死ぬまでの鑑賞」が目的ならば無資格で生き物を扱っても良いのでしょうか?

クリオネは動物愛護には当たらないのでしょうか?

ちょっとこれは酷いと思いました。

皆さんはどう思われますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です