大阪情報

大阪 道修町 「神農祭」

神農祭

昨日23日は全国としては「勤労感謝の日」で祝日でしたが

ダイビングスクール BLUE LAGOON のある大阪市中央区道修町(どしょうまち)では「神農祭(しんのうさい)」でした。

神農祭は道修町にある「少彦名(すくなひこな)神社」のお祭りです。

この神社は日本医薬総鎮守、病気平癒、健康成就の神社です。

もともと道修町はかの八代将軍吉宗(暴れん坊将軍の方が有名?)がこの界隈に薬問屋を集めて開業を促したのがもとで現在でも名だたる製薬会社が軒を連ねる一角です。

ちょと有名なものを挙げますと「塩野義製薬」「アルプス薬品」「大日本住友製薬」「日本新薬」「小野薬品工業」「小林製薬」「武田薬品」「ロート製薬」「第一三共」「常盤薬品工業」など誰もが知っている大企業がほとんど揃っています。

その様な経緯からここではお薬にちなんだお祭りをやっているのです。

道修町の通りは通行止めになり屋台が並びました。

神農祭

子連れで行きましたので屋台を見て歩くもの楽しかったのですが

個人的には途中で出会う各社のマスコットキャラクターが楽しかったです。

神農祭

お祭りのメインキャラクターの「神農様」

神農祭

大阪科学技術館の「テクノくん」

神農祭

不明・・・

神農祭

ハクゾウメディカルの「はなこ」

ハクゾウはなじみはありませんがガーゼや包帯など医療現場で有名です。

神農祭

荒川科学工業の「ロジーナ」

荒川科学は松から取れる松脂(ロジン)から色々な製品を作っています。

この子は松の妖精だそうです(決してエリンギではありません)

神農祭

これは!?

聞いたら誰もが知っていますがマスコットとしては無名かな?

ロート製薬の・・・名前は不明。

ロート製薬ならメンソレータムのリトルナースちゃんに会いたかったな(あ、でもマスコットじゃなくてコスプレになってしまうか?)

神農祭

これは人だかりになっていました。

さすがに有名キャラ、森下仁丹の「仁丹王子」(名前あるんですね)

神農祭

これも人気の有名キャラでした。

風邪に改元の改元ファーマ株「風神様」

神農祭

風神様の向こうは小林製薬の熱さまシート「熱さまくん」

 

と、まぁ本当にたくさんのキャラ達に出会えました。

各社ブランド化には力を入れているのですね。

キャラクターは製品の顔。

薬の名前が出てこなくても電車から見える一瞬の看板でこの子達を認識出来れば費用対効果は計り知れませんものね。

で、私的にこの日一番インパクトがあったのはこちら↓

神農祭

常盤薬品の「打破山 眠太郎」

・・・もうね、何と言うかキモイんですよ。

中の人もそれを知ってかキモイ動きするし。

デザインももう何かね、アレですし。。。

子供は怖がって近づかないし。。。

まぁでも一度見たら忘れませんから宣伝効果はありますよね。

こんなインパクトの強いキモイキャラは「せんとくん」以来ですね(笑

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です