海洋実習スクーバダイバー

PADIスクーバダイバーコースで日高へ行って来ました

PADIスクーバダイバー講習の様子

PADIスクーバダイバー講習の様子

PADIスクーバダイバー講習で日高へ行って来ました。

今回は男性のお客様お一人でマンツーマン講習です。

PADIスクーバダイバー講習と言うのは日帰り一日で取得出来るオープンウォーターダイバー(OWD)講習の半分を終わらせる講習の事で、残り半分をまた日帰りで終わらせればOWDに昇格する事が出来るのです。

PADIスクーバダイバー講習の様子

前回日高に来たのは9月の初めでしたのでちょうど一ヶ月ぶりです。

水に足をつけた瞬間は「冷たっ!」と言う感じでした。

しかし実際には水温は24℃もあり、講習中も全然寒くは無かったのですが

どうやら夏の水温の感覚が残っていてそう思ったようです。

砂地の水底をパイプウニがお散歩中。

透明度自体は悪くありませんでしたが浮遊物が多くて透視度は5~6mと言うところでした。

PADIスクーバダイバー講習の様子

それでも太陽の光が差し込めばご覧の様に綺麗な景色を楽しむ事が出来ました。

PADIスクーバダイバー講習の様子

なぜか秋になって増えてきたミナミホタテウミヘビがあちらこちらで顔を出していました。

PADIスクーバダイバー講習の様子

夏には群れていたハタタテダイもとうとう一匹だけになってしまった様です。

PADIスクーバダイバー講習の様子

クロイシモチの成魚は数も多く健在です。

PADIスクーバダイバー講習の様子

妖しくゆらめくムラサキハナギンチャクの根元にはマルガザミが。

割とこう言うイソギンチャクの根元に高確率で隠れています。

近似種でナマコマルガザミと言うカニもいます。

ナマコマルガザミはにて居ますが別種で主にナマコの裏側に隠れています。

PADIスクーバダイバー講習の様子

大きなカサゴが我々の講習を興味深げに観覧していました。

PADIスクーバダイバー講習の様子

辺りが暗くなるくらいの密度でマダイの子供が群れて泳いでいきます。

どれほどの数が居るのか見当もつかないくらい列が途切れませんでした。

PADIスクーバダイバー講習の様子

白いのに名前はキイロウミウシ。

何か直立不動で遠くを見渡している様でした。

 

今回お目当てはビーチで見つかったと言うミジンベニハゼでしたが

どうやら時化た時にビンごと転がってしまったのか会う事は叶いませんでした。

じゅんちゃんさん、お疲れ様でした。

また次回はドライスーツでミジンベニハゼ再チャレンジしましょうね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です