ファンダイビング日高ハゼネジリンボウ

和歌山県 日高の海でファンダイビングして来ました

大阪北浜ダイビングスクールBLUE LAGOONダイビングショップの日高の写真

大阪北浜ダイビングスクールBLUE LAGOONダイビングショップの台風情報

迷走台風5号もやっと進路が決まってきました。

今年は九州は本当に大変ですね。

台風の進路に当たる方は十分にご注意下さい。

さてそれでも和歌山は天気も良く日高と言う所にファンダイビングに行って来ました。

場所はどこかと言うと

ここです。

日高ダイビングセンターは20年来の友達が現地サービスを立ち上げたのですが私が沖縄にいた時に出来たので今まで潜った事は無く今回初めてお邪魔しました。

大阪北浜ダイビングスクールBLUE LAGOONダイビングショップの日高の写真

今回は天気も透明度も良く気持ちの良いダイビングとなりました。

大阪北浜ダイビングスクールBLUE LAGOONダイビングショップの日高の写真

日高郡 日高町は和歌山県でも結構北の方にありますがサンゴもちゃんとあります。

大阪北浜ダイビングスクールBLUE LAGOONダイビングショップの日高の写真

サンゴ礁と言うほどではありませんが所どころに固まって群生していると言う感じです。

大阪北浜ダイビングスクールBLUE LAGOONダイビングショップの日高の写真

ビーチからエントリーし右側に進むと転石漁礁があり

ネンブツダイが群れています。

大阪北浜ダイビングスクールBLUE LAGOONダイビングショップの日高の写真

水温も高くネンブツダイはみなペアリングして口内保育中ですが中々口を開いてくれません。

開いてくれると口の中の卵の様子も観察する事が出来るのですが。

大阪北浜ダイビングスクールBLUE LAGOONダイビングショップの日高の写真

漁礁の上の方ではマアジの小さいのが群れで泳いでいました。

それらを狙ってカンパチも数匹アタックしていました。

大阪北浜ダイビングスクールBLUE LAGOONダイビングショップの日高の写真

今回のお客様は20年以上のお付き合いで気心の知れた上級者さんで

エアの持ちも良く結局1時間以上のダイビングとなりました。

大阪北浜ダイビングスクールBLUE LAGOONダイビングショップの日高の写真

転石漁礁の下の方にはスズメダイの群れが。

大阪北浜ダイビングスクールBLUE LAGOONダイビングショップの日高の写真

コロダイの高校生くらいのが横切って行きます。

大阪北浜ダイビングスクールBLUE LAGOONダイビングショップの日高の写真

岩の割れ目のガンガゼの向こうには紅白でめでたい柄のオトヒメエビ。

大阪北浜ダイビングスクールBLUE LAGOONダイビングショップの日高の写真

砂地には海草に擬態したアミメハギの子や

大阪北浜ダイビングスクールBLUE LAGOONダイビングショップの日高の写真

怪しく花開くスナイソギンチャクなど。

大阪北浜ダイビングスクールBLUE LAGOONダイビングショップの日高の写真

帰り道にはカイメンの中に隠れたつもりのカサゴくんや

大阪北浜ダイビングスクールBLUE LAGOONダイビングショップの日高の写真

海草のハンモックでご機嫌のカサゴ君に出会いました。

大阪北浜ダイビングスクールBLUE LAGOONダイビングショップの日高の写真

エントリー地点まで戻って来るとブルーが綺麗なソラスズメダイがお見送りしてくれます。

大阪北浜ダイビングスクールBLUE LAGOONダイビングショップの日高の写真

ソラスズメダイを撮り終わって顔を上げるとお客さんはもうあんなに遠くに。。。

さすが上級者さんです。冷たいです。自分の趣味で写真撮影しているインストラクターなんて待ってくれません。

大阪北浜ダイビングスクールBLUE LAGOONダイビングショップの日高の写真

この岩場を歩くのはなかなか大変ですが一応手すりもつけてくれています。

この日は引き潮であまり役に立ちませんでしたが潮があれば強い見方です。

大阪北浜ダイビングスクールBLUE LAGOONダイビングショップの日高の写真
ここを水面移動でブイのある所まで泳いで行って

大阪北浜ダイビングスクールBLUE LAGOONダイビングショップの日高の写真

このブイの下のロープを使って潜降する、と言う段取りです。

さてお昼休憩も終わりいよいよ今日のお目当ての魚に会いに2ダイブ目です。

お目当ての魚とは・・・

大阪北浜ダイビングスクールBLUE LAGOONダイビングショップの日高の写真

これです!白黒ストライプが可愛いネジリンボウくん!

布巾をぎゅっと絞ってねじった様な模様からネジリンボウと名づけられました。

これ名前がシロクロハゼとかだったらそれほど可愛いと思わなかったかも知れませんが

やはり名前は大事です。

これの背びれの一本長いのはヒレナガネジリンボウと言い、沖縄でもたくさん見れたのですが

ヒレの短い原種のネジリンボウは居なかったので自分的にはめちゃくちゃ撮りたかった魚なのです。

大阪北浜ダイビングスクールBLUE LAGOONダイビングショップの日高の写真

あ、あくびしてる!可愛いなぁ。

大阪北浜ダイビングスクールBLUE LAGOONダイビングショップの日高の写真

ネジリンボウは結構臆病ですぐに巣穴に引っ込んでしまうのが多いのですが

この子はなんか度胸があって最終30cmくらいまで寄っても引っ込みませんでした。

お陰でアップで撮り放題。

しかも通常この種のハゼは深度15mくらいから居るものなのですがここは深度7mと浅く

窒素も気にせずじっくり撮影できますので至福のひと時を味あわせて頂きました。

大阪北浜ダイビングスクールBLUE LAGOONダイビングショップの日高の写真

最後にもう一度漁礁の方を回りましたら

コロダイの今度は稚魚が。

先述ノ横切ったコロダイは高校生くらいでしたがこちらは幼稚園くらい。

稚魚と成魚で全く違う模様の魚です。

親子で模様の違う魚と言えばこんな子にも会えました。

大阪北浜ダイビングスクールBLUE LAGOONダイビングショップの日高の写真

コブダイの幼魚です。

コブダイと言えば佐渡島の弁慶くんでおなじみのあの頭のこぶがデッカいブサイク代表みたいな魚です。

この可愛いのがあれになってしまうとは未だに信じられません。

大阪北浜ダイビングスクールBLUE LAGOONダイビングショップの日高の写真

上がる直前になってまたマアジの群れに巻かれました。

いや~初めて潜りましたが日高なかなか侮れません。

魚影も濃く、楽しいダイビングでした。

今年はちょっと日高に通ってみようと思います。


大阪北浜ダイビングスクール BLUE LAGOON ダイビングショップ

〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町1-1-7

TEL:06-4706-2090

営業時間:12:00~20:00

定休日:不定月2回

MAIL: bluelagoon.happy@gmail.com

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です